面接

自分の意思で海外へ行く様々な方法のうち、収入を得ながら最も長期滞在できる方法は現地採用として海外の企業へ就職する方法です。私はインドで現地採用として働いていますが、この記事では海外就職を実現するまでの道のりをお伝えします。

海外就職に関する情報収集

まずは1にも2にも情報収集です。インターネットには様々な情報が飛び交っていますが、中には人によって見解が分かれる情報もあります。例えば

インドの大気汚染は全く問題ありません。

という人もいれば

私は大気汚染のせいで倒れてしまいそうだ

という人もいます。現地在住者の体験談など多くの情報に触れていくと、より詳しくリアルな状況が分かってきます。情報収集を進めていくうちに「なぜ自分が海外就職をしたいのか」「なぜその国なのか」という志望動機もクリアになってくるかと思います。収集すべき情報は大きく分けて2つあります。

私が海外就職の情報収集でお世話になったのがグローバル人材塾さんです。グローバル人材塾さんでは、国別に最新の就職情報をまとめて発信してくれており、キャリアの相談にも乗ってくれます。欧米も含め多くの国の情報を紹介して頂き幅広く効率的に情報収集ができるので、一人で進めるよりも効率的に進めることができます。

海外就職・海外求人ならGJJ | 海外転職・その後のキャリアまでサポート

GJJグローバル人材塾の海外就職・海外求人情報メディアです。圧倒的な海外求人情報数を誇り、主にアジア諸国シンガポール、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、タイ、カンボジア、フィリピン、中国、香港、インド、インドネシアなど多数の国の海外就職・求人情報が満載です。

グローバル人材塾URL  https://www.kaigai-shushoku.com/
なお私はインドで就職しており、インドに関する情報はこのブログでも発信しています。インド就職を検討されている方は(あるいは「インドなんて行くわけないだろ」という方もぜひ)下記の記事もご参照ください。

海外就職に必要な語学力の確認と習得

現地採用として海外就職をする場合には、ある程度の語学力が必要になります。必要な語学力は国によっても職種によっても異なります。

例えばタイやインドネシアで日系企業を相手に法人営業をするのであれば挨拶程度ができれば良いですが、シンガポールの現地企業で経営企画として働くということであれば相当な英語ができないと話になりません。

また、中国の場合は英語よりも中国語力が問われる場合もあります。

国別に必要な語学力を理解し、不足しているのであれば語学学校などで最低限必要な語学力を身につけましょう。

海外就職に必要となる資金の準備

履歴書や職務経歴書を準備してエージェントへ登録したら転職活動開始ですが、内定が決まってビザが下りても無一文で海外へ行くのは厳しいものがあります。

個人的な感覚ですが、海外就職を始めるには100万円程度の資金がないと心許ない印象です。

そこで、貯金のない方は転職活動を始める前に海外就職に必要な資金の準備をしてください。

海外就職に必要となる金額については下記記事をご参照ください。

履歴書・職務経歴書の作成

ここは国内転職と基本的に同じかと思いますが、英文レジュメを用意しなければなりません。なお、上述したグローバル人材塾さんでは履歴書・職務経歴書の添削のサービスも提供されています。

エージェントへの登録

国別の情報を分析して、自分がどこの国に就職をしたいのか決めたら、その国の人材紹介会社(エージェント)に登録します。「その国のエージェント」と言っても、現地人がやっているエージェントではなく、リクルートやJACなどの日系エージェントの現地法人です。

特にインドの場合、現地の企業は給料を払ってくれなかったり、ビザのサポートがなかったりと色々大変なようなので、自分で探すよりもエージェント経由で信頼のできる企業に応募した方が安心です。不動産の仲介と異なり、人材紹介の場合は企業側だけに費用負担が発生し、応募者には費用は請求されません

応募・面接

エージェントに履歴書・職務経歴書を提出すると、順次仕事が紹介されます。そして応募の結果書類選考に通ると、面接となります。

海外就職での面接については下記記事に詳しく書きましたので、ご参照ください。

現職への退職意思表示

内定がでたら、内定先から発行されたオファーレターにサインをし、現職に退職の旨を伝えます。このときに退職・入社時期についても調整が必要になります。ここから就労ビザの取得となりますが、退職の旨を伝えたのに就労ビザが下りなかったなどということになったら大惨事です。エージェントを通してアジアの国へ就職するのであればまず就労ビザは降りるはずなので心配ありませんが、念のため就労ビザが下りない可能性がないかどうかはエージェントや内定先企業にご確認ください。

ちなみに、インドでは給与がINR162,5000を超える雇用契約を締結しているのに就労ビザが下りなかったという話は、少なくとも私は聞いたことがありません。

渡航の準備をする

海外への渡航が決定したので、渡航するための準備をします。具体的には以下のような段取りが必要になります。

  • 就労ビザの準備
  • 予防接種(国によります。詳しくは「国名+予防接種」でグーグル検索してください)
  • 家の賃貸契約、携帯電話、水道、電気、ガス、インターネット解約
  • 海外へ輸送しない家財道具の処分(現地採用で家具を郵送した人は聞いたことがありません)
  • 衣服、本や日本の食材など、現地へ送るものを郵送
  • 日本に残す荷物を実家、友人宅またはトランクルームなどに置く
  • 年金、住民票などの各種届出(詳細は下記記事参照)

なお私は海外就職の渡航先がインドでしたので、インドへ移住するときの事前準備については別の記事でご紹介します(作成中です)。

退職・海外渡航

海外渡航前には家の引き払いや役所の手続き等、やることが色々あります。従って、最終出社日の翌日に海外渡航というのは難しいでしょう。

最終出社日から海外渡航まで、最低でも1週間、できれば2週間は余裕を持ちたいです。

移住後の現地での手続き

移住後も現地での手続きがありますので、渡航の翌日から働けるわけではありません。国によって異なりますが、どこの国でも以下のような手続きは必要になります。

どの程度の時間がかかるのかはエージェントや内定先に企業にご確認ください。インド(チェンナイ)のケースについては別の記事で改めてご紹介します。日本での退職の翌日に渡航できるわけではないのと同様に、渡航日の翌日から働けるわけではありませんので、余裕を持った渡航日の設定が必要です。

コメントを残す