アジアの地図

海外就職を検討されている皆さん、海外へ就職したい理由は何ですか?

海外就職の動機は人それぞれ異なると思いますが、海外就職の理由が異なると目指すべき国も異なります。

  • 未経験の職種にチャレンジしたい
  • 英語力を伸ばしたい
  • 世界で通用する実力をつけたい
  • ワークライフバランスを大切にしたい

この記事では、海外就職の目的別に目指すべき国と、その国を目指すべき理由をご説明します。

この記事を読めば、皆さんの目指すべき国が分かります。

未経験の職種にチャレンジしたい

ベトナム、インドネシア、インドがオススメです。

エンジニアから営業へ、営業から管理部門へなど、未経験の業界や職種へチャレンジするのは簡単なことではありません。

特に日本では、年齢を重ねれば重ねるほど業界や職種を変えることに対するハードルは上がります。

しかし、何らかの理由によりどうしても職種を変えたいという方もいると思います。

そんな方にオススメなのはベトナム、インドネシア、インドです。

もちろん、これらの国でも未経験者より経験者が優遇されるのは間違いありません。しかし、日本や他のアジア諸国と比べれば未経験者に対しても比較的チャンスが開かれています。

未経験でチャレンジやすい理由
  • 経済成長が著しく日系企業の進出が盛ん
  • 生活はハードなため、住みたがる日本人が少ない
  • ビザが下りやすい

これらの国は生活がハードですが、ハードな分だけ応募希望者が少なく、一方で進出企業は増えているため求職者に有利な売り手市場となります。

採用する企業側は贅沢なことを言っていられないので、未経験でも比較的ポテンシャルを見てチャンスを与えてくれます。

詳しくは 【海外就職】未経験の職種へ転職したい人にオススメしたい国3選をご参照ください。

英語力を伸ばしたい

シンガポール、マレーシア、インドがオススメです。

理由は、現地の人々が日常的に英語を使用しているため、英語力が高いからです。

タイ、ベトナム、インドネシアなどの国では、ローカルの人々の共通語が英語というわけではなく、日本人スタッフとローカルスタッフとの会話が英語であるというだけです。

従って、ローカルスタッフも決して英語が得意なわけではなく、長文を話すよりも単語の羅列の方が通じると言った場合もあります。

それに対して、シンガポール、マレーシア、インドなどの場合は、ローカルの人々が共通語として英語を使っています。

もちろん、ネイティブではないため英語圏に比べて劣るのは間違い無いですが、一般の日本人よりは遥かに英語ができます。

私はインドで働いていますが、本当にインド人は話が長く、インド人に揉まれている間に嫌でも英語力が磨かれていきます。

詳しくはアジア海外就職で英語力を高めたい人のためにオススメの国3選をご参照ください。

スポンサーリンク

世界で通用する実力をつけたい

香港、シンガポールがオススメです。

香港・シンガポール以外のアジア諸国の場合、ローカルのスタッフよりは日本人のスタッフよりも遥かに給与が安いです。

インドの場合、ローカルスタッフの給与は日本人スタッフの5分の1程度である場合も珍しくありません。

なぜ日本人がそこまで高い給与をもらえるかと言うと、日本語を話し、日本流のビジネスを理解していることが強みとなるからです。

なぜ日本語や日本のビジネスマナーが強みとなるのかと言うと、顧客が日系企業であるからです。

もし日系企業や日本人顧客と関わらなければ、企業が日本人に対して高い給料を払うメリットがありません。

例えば、インドでは英語がペラペラでスキルの高いITエンジニアが(日本人の平均収入と比べて)極めて安い給料で働いています。

「日本人や日系企業との関わりを持たず、世界で戦いたい」と思うと、そのような優秀なエンジニアと互角で戦わなければなりません。それは中々厳しいと思います。

一方、香港やシンガポールの場合にはローカルスタッフの給与も比較的高いです。

従って、専門的なスキルがあって外資系やローカル系の企業に就職している人たちの中には、日本人や日系企業から切り離された環境で活躍している人も大勢います。

まさに、自分の実力で世界と戦っているという感じです。このような活躍をしたい人、特に将来の欧米就職などを視野に入れている人には香港・シンガポールがオススメです。

詳しくは海外就職でアメリカやヨーロッパを目指す人のためのキャリア戦略をご参照ください。

ワークライフバランスを大切にしたい

タイ、マレーシアがオススメです。

首都のバンコクやクアラルンプールであれば地下鉄も発達しており先進国に近い暮らしができますし、まだ物価は安く、残業も少なく、気候も温暖で日本の食材なども簡単に手に入ります。

まさに日本人にとって天国と言っても過言ではありません。

実際、長期移住先としてマレーシアとタイは長年に渡って圧倒的な人気を誇っています。

ワークライフバランスの取れた豊かな生活を実現したいのであれば、タイとマレーシアは最高の環境であると言えます。

但し、ベトナムやインドと異なり人気が高い国なので競争が激しく、企業側に有利な買い手市場です。

また駐在員も多いため、現地採用として任される業務は定型業務となる場合も多く、キャリアアップの観点から考えると求人は慎重に選ばなければなりません。

詳しくは海外就職でワークライフバランスを実現したい方にオススメの国をご参照ください。

目的によって行くべき国は異なります

「海外へ行きたい」と言っても、なぜ海外へ行きたいのかという動機によって行くべき国は異なります。

まずは、どうして海外へ就職したいのかを考え、その上で行き先の国を選びましょう。

国選びの時には、動機だけでなく自分の業務経験や強み、求人状況なども踏まえて総合的に決める必要があります。

それらの情報収集を一人で進めるのは中々難しいので、プロのキャリアカウンセリングを受けることがオススメです。

グローバル人材塾では海外就職を希望する方を対象にキャリアカウンセリングや各種セミナーを開催しているので、興味のある方は無料の面談を受けられることをオススメします。

詳しくは海外就職の希望者は必見!グローバル人材塾をオススメする3つの理由をご参照ください。

スポンサーリンク