インド旅行にオススメ チェンナイの都市近郊電車の乗り方

インドでは中間層から富裕層はバイクに乗るかタクシー(UBERまたはOLA)を使いますが、一般市民は鉄道とバスで移動します。

鉄道には都市間を結ぶ(寝台列車が連結されている)長距離列車とチェンナイ近郊を走る列車があります。この記事では、チェンナイの近郊列車をご紹介します。

近郊列車はチェンナイだけでなくムンバイやコルカタなど他の大都市にもあります。一方、都市間を結ぶ長距離列車に着いては下記記事をご参照ください。

個人的な意見ですが、とても貴重な体験なのでインドに来たらぜひ記念に乗車することをオススメします。

チェンナイには博物館、ヒンドゥー寺院や教会などの観光地が色々ありますが、物珍しさで言えば近郊電車はトップクラスに挙げられるのではないかと思います。何しろ、扉が全開のまま走っているのです。

但し屋根の上に人が乗っているほど混雑はしていません。インド人に

日本人
インドの電車って屋根の上に人が大勢乗ってるんでしょ?
と伝えると

インド人
それはパキスタンかバングラディッシュの話です。インドにそんな電車ありません!
と言って怒られます。インドも地方都市へ行けばあるのかも知れませんが・・・

なおチェンナイには地下鉄が2路線ありますが、常にガラガラでほぼ使われていません。地下鉄については下記記事をご参照ください。

主な路線

チェンナイ鉄道路線図

画像引用元:Chennai Local Train Map https://erail.in/info/railway-maps-chennai-local/1802

上の引用画像はチェンナイの路線図ですが、グレーが長距離列車、色のついた路線が近郊列車となっています。

チェンナイ空港は緑の路線の真ん中ほどにある"Tirusulam"という駅が最寄りになります。

空港から市内へ向かう最も安い方法は、この一般の電車で向かうことです。

長距離列車は、画像中央右寄りにある"Chennai Central" "Chennai Egmore"が起点となっており、バックパッカー向けの宿もその周辺に集中しています。

私は黄色い路線の"MRTS"と呼ばれる路線をよく利用します。

運賃と切符の買い方

市内電車駅入口

運賃は激安です。

チェンナイ近郊の列車であれば端から端まで乗っても10ルピー(16円ほど)です。

とても安いですが、インドではチェンナイからマイソール(東京から大阪くらいの距離)を乗っても一般の座席車であれば400円ほど、そして4200キロの距離を3泊4日で走るインド最長と言われる電車ですら1600円ほどで乗れてしまうので、15円という運賃は妥当です。

なお、東京から大阪までの距離が400円というのは一般座席車のランクの話で、日本人が耐えられるレベルではありません。エアコン付きの快適な車両であれば3000円ほどします(それでも安いですが)。

チェンナイ、駅の切符販売窓口

切符は、駅のカウンターで購入します。MRTSと呼ばれる電車の場合には、どこまで乗っても一律5ルピー(約8円)です。

購入するときは降りる駅名を言うのですが、どの駅で降りても値段は変わらないので何も言わずに5ルピーを出したらチケットを発行してくれました。

チェンナイ電車の切符

5ルピーを払うと、写真のようなチケットを渡されます。このチケットの作成だけでもお金がかかると思いますが、インドといえども流石に5ルピーの運賃では元が取れないのではないでしょうか。

乗車の注意点

チェンナイ電車ホーム

電車を買って階段を上ると、そこはもうホームです。インドの電車は、地下鉄を除いて基本的に改札はありません。但し、ランダムで検札があります。無賃乗車はせず必ず切符を購入しましょう。

ホームには出発案内の電光掲示板のようなものは見当たらず(全ての駅を確認したわけではありませんが)、来るまでひたすら待ちます。場合によっては20分近く待つこともあります。

電車の扉は開けっ放しなので、電車が到着すると完全に停止する前にホームへ飛び降りる人もいれば、電車が動き出してから電車と並行してホームを走り飛び乗る人もいます。

市内電車ホーム

写真の通り、ホームと反対側の扉も開きっぱなしなので、車内が混雑していてホームまで出るのが面倒な人は反対方面の線路へ飛び降り、線路を跨いで反対側のホームへよじ登る人もいます。

なお、インドでは線路を歩いて渡るのは日常茶飯事です。

乗り換えをする場合も、上の動画の中央にいる人達のように線路をそのまま横断して渡る人が絶えません。

インドの駅にもきちんと跨線橋はあるのですが

線路を跨げばすぐに着くのに、わざわざ階段を上って隣のホームへ行く意味が分からない
ということもかも知れません。

なお、インドでももちろん線路を渡ってはいけません。

インドの鉄道ポスター

インドの鉄道会社も、線路を渡らないようにポスターで呼びかけをしています。こんなポスターが日本で貼ってあったらネタかと思います。

チェンナイの電車での移動風景をご紹介します。

電車に乗ると、上の動画のように扉が全開で走り出します。少し長い(約2分)動画ですが、1駅分録画しています。

扉が開いているのは危険ではありますが、扉が開いているととても風通しがよく涼しいです。落ちないように注意していればとても快適です。

但し本当に危険で、転落して亡くなる方もよくいるそうです。

インド チェンナイの電車

慣れている地元の方は、写真のように全開の扉の隣で爆睡することができます。

よく、「日本人はどこでも居眠りをするので外国人が驚く…」と聞きますが、インド人の居眠り具合は日本の比ではありません。

チェンナイはインドの中でも治安が極めて(日本以上に?)良く、人はみんな優しくて温かいので、物を盗まれる心配をせずにどこでも安心して眠れるのかも知れません。

駅の構造

チェンナイの電車の駅

チェンナイの近郊電車の中でもMRTSと呼ばれる路線は全て高架で、駅も大きく立派な作りになっています。

チェンナイ電車の駅

とても大きいのですが、中は写真のようにお店もなく、廃墟のような状態になっています。

廃墟に見えますが現役の駅です。2007年頃建設されたらしいのですが、とても不思議で独特な雰囲気になっています。

チェンナイ観光としてオススメの電車

チェンナイに在住している日本人で、近郊電車を日常の通勤に利用しているという話は聞いたことがありません。観光や気分転換でたまに乗る程度です。

しかし冒頭でも述べた通り、日本ではできない貴重な経験となるので、ぜひインドを訪れた際にはご乗車ください。

但し早朝や夕方の通勤時間帯は下記動画の通り極めて危険なので避けてください。

コメントを残す