英会話

インド就職を検討すべき理由の1つとして「英語力アップを期待できる」ということが挙げられます。しかし実際インドでどのくらい英語力が伸びるのかというのは疑問ではないかと思います。

そこで、この記事ではインド就職を通じて英語力が伸びる理由についてご紹介します。

理由1:英語が事実上のインドの共通語

インドでは州毎に母語が異なり、インド人同士でも州が異なると英語でなければ会話が成立しない場合が少なくないため英語が事実上の共通語となっています。

公式にはインド全体の公用語はヒンディー語とされており、北インドへ行くと多くの人がヒンディー語を話しています。

しかし私が住んでいるチェンナイはタミル語という言語が州の公用語です。タミル語と全く異なるヒンディー語を話すくらいなら、世界共通語である英語を話した方がメリットがあると考えています。

イギリスの植民地となっていた歴史的経緯もあり、インドでは税金の申請や行政手続も全て英語で対応してもらえますし、セミナーなどへ参加しても必ず英語で開催されています。少なくとも私の住んでいるチェンナイでは、「タミル語のセミナー」というのは聞いたことがありません。

タイやベトナムなどでも仕事で英語を使う機会はあると思いますが、現地人同士が英語で日常会話をするということはないのではないでしょうか。

フィリピンやシンガポールもそうですが、多言語話者が共生しているため英語が共通語となっている国では日常生活で英語を頻繁に使用するため、現地人の英語力が高い傾向にあります。

このように、インドにいると仕事だけでなく日常生活でも英語を使う機会が豊富にあります。日本人にとって英語は外国語なので「アメリカ人やイギリス人のように正しい英語を話さなければ」という感覚がありますが、インド人にとって英語は外国語とは呼べないので「自分達の英語よりも英米人の英語が正しい」という感覚は希薄なようです。

インドの言語状況については下記の記事をご参照ください。

理由2:間違えることへの恐怖がなくなる

日本人が英語を話せないのは「完璧な英語を話さなければならない」という強迫観念があるからという説があります。実際には、語学力は「間違ってもいいからとにかく話してみて、通じなかったら調べる、訂正する」というプロセスを経て伸びていくものだと思います。

従って、何はともあれまず話してみないことには始まらないと思うのですが、「間違った英語を話してはいけない」という観念が強いと、この一歩が踏み出せません。ところが、インドへ来るとこの「間違った英語を話すのが恥ずかしい」という感覚が吹き飛びます。

インドには英語がネイティブという人は基本的にいません(海外在住のインド人などは別ですが)。「インド人の英語」と言っても、上は英米のネイティブと全く変わらない流暢な英語を操る人から、下は簡単な単語を知っているだけという人まで千差万別で、様々なレベルの人がいます。

そして、上述の通りインドには様々な言語が混在しているため、非ネイティブの人と会話をするのに慣れており、訛っている、間違っているからと言ってバカにされることはほぼありません。英語力が低くても、中身のある話をしていれば一生懸命聞いてくれます(但し話の中身は問われます)。

相手も非ネイティブですので、自分ではなくインド人の英語が間違っていることもあります。従って、「どっちが間違ってるか分からないんだから、当たって砕けろの精神で突っ込んでいって、通じなかったら直せばいい」くらいの気軽な気持ちになり、「間違ったら恥ずかしい」という意識はなくなります。

ところで、「度胸がつくのは分かったけど、そんな間違った環境で英語を習得して大丈夫なのか?」という疑問があるかと思います。その疑問については、別の記事で詳しく考察します。

理由3:英語を使わないと生きていけない

バンコクで生活している日本人に聞くと、生活で英語を使う機会は殆どないそうです。多くのお店で日本語が通じますし、日本人コミュニティを通じて様々な情報が手に入ります。日本語ができるタイ人もすくなくありません。

ところが、インドではそうはいきません。まず、役所の手続きや銀行の口座開設、家主との交渉などは全て英語でやらなければなりません。インド在住の日本人はまだまだ少ないため、日本人向けの説明や日本語のサービスなどはありません。

また東南アジア諸国と比較した時のインドの特徴としてとにかくトラブルが多いことが挙げられます。

エアコンが故障しても修理の人が10時間遅刻してきたり、家に入ろうとしたら門の前で水道管の工事をしていて家に入れなかったり、タクシーが間違った方向へ行ったりと、インドでの生活は日々トラブルの連続です。

常に自分から強く主張していかなければ生き残れません。

下記の記事は、インドへ来て初めてインド人と戦った具体例です。こちらを読んで頂けば、英語で戦っていかなければいけないイメージが湧くのではないかと思います。

まとめ

インドは英語を使う機会が豊富にあり、また英語を使わなければ生きていけません。

そして、間違えに対して寛容という環境にあります。

英語力の向上にインドの環境を生かして頂けたらと思います。

コメントを残す