インドのデリー国際空港ターミナル3到着エリアへ外から入場する方法

この記事では、インドのデリーにあるインディラガンディー国際空港到着エリアへの再入場方法をご紹介します。また、同空港での手荷物の預け方法についてもご紹介します。

インドのデリーにあるインディラガンディー国際空港ターミナル3の到着口は、税関審査後に到着客専用のエリアがあり、外へ出るにはもう1段階出口を出なければなりません。

ニューデリー空港第3ターミナル到着ロビー

上の図で、到着客以外の人が青色の「到着客専用エリア」へ入場するには100ルピー(160円)を支払わなければなりません(当然ながら黄色と緑のエリアへは入れません)。

「到着客専用エリア」にはベッドで仮眠できる施設もあり、ちょっとしたフードコートもあります。

また、100ルピーを支払わなければ入場できないこともあって怪しいタクシーの客引きもおらず静かなため、深夜にインディラガンディー国際空港へ到着した場合にはここでリラックスすることができます。

インディラガンディー国際空港へ到着した方を出迎える方にとっても、外の暑いところで怪しいインド人に囲まれながら立って待っているよりも、涼しい構内で待っていた方が体力を消耗しませんし、すぐに会えるのではないかと思います。

そこでこの記事では

  • インディラガンディー国際空港到着後に到着客専用エリアで休もうと思ったが間違って外へ出てしまった人
  • インディラガンディー国際空港の構内で到着客を出迎えたい人

を対象に、インディラガンディー国際空港の到着口エリアへ入場する方法をご紹介します。

単に100ルピーだけ払えばいいのかと思いきや、そこはやはりインドなので一筋縄では行かず非常に面倒くさいです。

到着客専用エリア入場時の注意事項

ニューデリー空港ターミナル3 入場券購入場

到着客専用エリアへの入場には幾つかの注意事項があります。

到着客専用エリア入場時の注意事項
  • チケットは3時間のみ有効
  • 有効なID(要はパスポート)を持っていること
  • 3歳未満は無料
  • チケットは返金不可
  • ノートPCは持ち込み禁止

「3時間のみ有効」と書かれていますが、どうやって確認するのか不思議です(実際、確認されません)。到着客専用エリアを歩いている時も、再び建物の外へ出る時にも、一時入場者なのか飛行機に乗ってきた客なのかは見分けがつかないはずです。

※出る時に搭乗券・一時入場券の確認などありません。

従って、3時間以上滞在しても特段問題ないのではないかと個人的には思います(但しルール上は3時間と決まっていますので自己責任でお願いいたします。もし3時間以上滞在してトラブルになった場合でも当ブログでは責任を負いかねます)。

3時間以上も滞在する人なんているのか?

と疑問に思われるかもしれません。

なぜこんなことを書いているかと言うと、到着客専用エリアにはベッドで仮眠を取ることができるプラザプレミアムラウンジが2つあるからです。

ターミナル1または2に深夜到着して朝まで横になりたい方や、ターミナル3に到着してから間違えて外へ出てしまった方は、到着客専用エリアに3時間以上滞在できないとベッドで朝までゆっくり仮眠を取ることができません。

詳しくは別の記事で詳しくご説明します(作成中です)。

さて、入場時の注意事項に「ノートPCは持ち込み禁止」と書かれていますが、実際はカバンの持ち込みが禁止です。

ここで言うカバンとはスーツケースに限らず、ハンドバッグやデイバックなど、あらゆる鞄がNGです。

しかし、カバンを持たずに手ぶらでインディラガンディー国際空港へ来る方は少ないと思うので、到着客専用エリアへ入るにはカバンを預ける必要があります。

デリー国際空港の手荷物預かり所

到着客専用エリアへは鞄を持ちこめないため、鞄を預けなければなりません。

ニューデリー空港ターミナル3 手荷物預かり所入口

手荷物預かり所は、10番の柱の向かいあたりからエスカレーターで上へ上がり、そこから2階へ上ります。上がったら”Left Luggage”の案内に従って右に曲がり渡り廊下を渡ります。

ニューデリー空港ターミナル3 手荷物預かり所渡り廊下

渡り廊下を通って、道路を挟んで空港と反対側の建物へ渡ります。

手荷物預かり所はちょうど地下鉄ニューデリー空港駅の直上に位置します。

ニューデリー空港ターミナル3 メトロニューデリー空港駅

この建物を地下へ降りるとメトロのニューデリー駅がありますが、地下へ降りずに2階(インドのイギリス英語では”1st Floor(1階)”と表現しますのでご注意ください)をそのまままっすぐ進むと、Cloak(手荷物預かり所)があります。

ニューデリー空港ターミナル3 手荷物預かり所

2時間以内であれば以内であれば7kg未満なら80ルピー、7.1kg-20kgが120ルピー、20kgを超えると160ルピーです。

24時間以上でも預けられますので、ここに大きな荷物を預けて1泊でタージマハル観光…などもできます。

スタッフに聞いたところ、24時間営業しているようです(私自身は昼間に行ったので夜は確認していませんが、デリーの空港は24時間飛行機の発着がありますし、スタッフが嘘をついているとは思えませんので深夜でも営業しているはずです)。

パスポートを見せて、セキュリティチェックのレーンに荷物を流すと預かってくれます。受け取ったレシートが引換券になりますので、紛失しないようご注意ください。

インドの手荷物預かり所なんて信用できるのか

という声もあるかと思いますが、英語の口コミを読む限り空港や駅の正式なクロークについては信用できるようですが、こちらも自己責任でお願いいたします。

チケットカウンターで入場料を払う

ニューデリー空港ターミナル3 到着エリア入場チケット売り場

まずは100ルピーを支払ってチケットを購入しなければなりませんが、チケットカウンターは10番の柱の向かいあたりにあります(とても分かりやすいです)。

荷物を預けて手ぶらになったら(パスポート、財布や携帯電話などの貴重品は身につけていくようにお願いします)入場券販売カウンターへ行き、カウンターでパスポートを見せて100ルピーを現金で支払います。

※従って、ここまでの間にATMでインドルピーを引き出しておく必要があります。インディラガンディー空港には国際キャッシュカードの使えるATMが多数ありますので、見つけて下してください。

到着客専用エリアへ入場する

入場料を払うと入場券の他に「到着客専用エリア内のフードコートで食べ物を注文すると100ルピー引きにになるクーポン」なるものを受け取ります。

ニューデリー空港ターミナル3 到着エリア入口

そして、チケットカウンターの左側奥の方に”Visitor’s Entrance(訪問客用入場口)”があります。

ニューデリー空港ターミナル3 到着エリア入口

入場時にセキュリティチェックを受けてパスポートを見せると晴れて入場ができます。

まとめ

少し面倒ではありますが、外は暑くて怪しいインド人も多く体力を消耗しますので、朝まで待機する方、インディラガンディー空港へ到着する人を出迎える方は空港の構内へ入場することをおススメします。

コメントを残す