インド トイレ

インドでもトイレを利用しないわけにはいきませんが、インドのトイレは独特です。初海外の方はもちろん、中国や東南アジア経験者でもインドが初めてという方は面食らう場合があります。

そこでこの記事では、インドでトイレを使う上での注意事項や、インドのトイレがどのくらい清潔(不潔)なのかをご紹介し、初めてインドへ来る方の不安を解消できたらと思います。

インドのトイレは汚いのか

インドのトイレは汚いというイメージがあるかと思いますが、実際のところどうなのでしょうか。

私の結論
日本よりは汚いが中国よりは綺麗

インドのトイレは東南アジアよりもマシかもしれません。

私は中国の西の端である新疆ウイグル自治区まで陸路で移動したことがあるのですが、中国のトイレのあまりの臭さと汚さに卒倒しそうになりました。

私はインドへ来る前、インドは中国より遥かに汚いだろうと覚悟していました。中国人からは

中国人
インドなんて、何でそんな汚くて遅れた国に行くの?

と聞かれますし、日本人も中国人も(インド人も?)インドの方が中国より更に汚いというイメージがあるのではないでしょうか?

確かに市内はインドの方が中国よりも圧倒的に汚いのですが、なんとトイレに限ってはインドの方が清潔なので驚きました。

中国も都市部のトイレは劇的に綺麗になってきていますが、それでもレストランなどへ行くとやはり汚いところが多いです。

建物はピカピカで豪華絢爛なのにトイレだけ残念なのが中国です(逆に日本では、趣のある昭和の食堂なのにトイレだけは最新式にリフォームされていて、ウォシュレットと音姫も付いてピカピカということがありますよね)。

なぜ中国のトイレが汚いかと言うと、中国では大量のトイレットペーパーがゴミ箱に溜まり、酷いと汚物にハエがたかり地獄絵図のようになっているからです。

前提知識
日本以外のアジアの国では、中国でも東南アジアでもインドでも、基本的にトイレットペーパーを便器に流してはいけません。下水管が細かったり水圧が弱かったりといった事情により、トイレが詰まってしまうからです。

インドも便器にトイレットペーパーを流してはいけない点では同じなのですが、そもそもインド人はトイレットペーパーを使わないのでゴミ箱にトイレットペーパーが溜まることがなく、トイレ自体は清潔に保たれるのです。

これはインドだけでなくイスラム教圏でも同じようです。マレーシアへ行った時、ピカピカのモールなのにトイレットペーパーがなくて驚いたことがありました。

ランク別のトイレの様子

ここからはランク別のトイレをご紹介します。

高級ホテルのトイレ

インド 高級トイレ

インド 高級トイレ

私の印象では、インド各地にある5つ星ホテルのトイレはこれと同程度の印象です。必ずトイレットペーパーが備えつけられており、外国人でも違和感なく利用することができます。

ウォシュレットや音姫はありませんが、流石にこのトイレが「汚くて無理」という方は少ないのではないでしょうか?高級オフィスのトイレも同レベルです。

日本人であれば、特に怪しまれることもなく一流ホテルのトイレを利用できます。

駐在でインドへ来るのであれば、恐らくこのランクのトイレしか利用することはないです。

一般的なカフェのトイレ

インド カフェのトイレ

私が暮らしているチェンナイの一般的なカフェのトイレですが、どこもこんな感じです。

インド カフェ トイレ

スターバックス程度のカフェです。中間層以上が利用します。コーヒーが1杯200ルピー(300円)程度するため、1食50ルピー(約80円)のご飯を食べて生活しているブルーカラー層は利用できません。

トイレットペーパーはある場合とない場合があります。

高級ホテルのようにピカピカというワケではありませんが、まぁ許容範囲ではないでしょうか。

神経質な人だとちょっと無理かも知れません。

ローカルレストランのトイレ

インド トイレ

この辺りになると無理な人も多いかも知れません。このレベルのトイレにトイレットペーパーがあったら私はビックリします。

節約バックパッカー旅行をする場合にはもっと汚いトイレを利用する可能性がありますが、インドで日本人が生活する限りこのランク以下のトイレを利用する機会はほぼないと思います。

私が住んでいるチェンナイのガソリンスタンドのトイレは、上記トイレと同レベルですがもうちょっと暗くて床に泥が付いているケースが多いです。

日本でも駅や公園のトイレは汚くて使う気にならないと思いますが、それはインドであっても同じです。

貧乏旅行をするのであればある程度耐えなければなりませんが、インドはお金を使えば衛生面ではそこまで大きな問題はなさそうなことをご理解頂けたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

インドのトイレを利用する上での注意

インドのトイレを利用する際には幾つか注意事項があります。

インドのトイレを利用するうえでの注意事項
  • 行けるときには早めに行っておく
  • トイレットペーパーは常に持参する
  • トイレットペーパーを便器に流してはいけない
  • トイレットペーパーを捨てるゴミ箱がない場合がある
  • 有料トイレでは5~10ルピーを払う

注意1:トイレへ行ける時には早めに行っておく

インドに限らず海外ではどこでも同じかも知れませんが、トイレは簡単には見つかりません。レストランなどのトイレの場合、鍵がかかっていて客でなければ使わせてくれない場合も多いです。

またスーパーやガソリンスタンドなどのトイレの場合には清潔とも限らないので、ホテルやオフィスなど清潔なトイレを利用できるのであれば、可能な限り早めにトイレを済ませてしまいましょう。

注意2:トイレットペーパーは常に持参する

インドのトイレは、一流ホテルや高級レストランなどでない限りトイレットペーパーはありません。インド人はペーパーを使わず、自分の左手と水(ウォシュレットではなく水桶)を使って洗うためです。

私は未だにインド人のトイレの方法がよく理解できないのですが、いずれにしてもトイレットペーパーは常時持ち歩くようにしています。

なお、インド人でもトイレットペーパーを使用する人はいるようで、どこのスーパーへ行ってもトイレットペーパーは販売されています。但し価格は日本よりも高いため、物価の安いインドの中ではかなりの高級品という印象です。

注意3:トイレットペーパーを便器に流してはいけない

上述の通り、インドだけでなく台湾、中国、東南アジア諸国など、日本以外のアジアの国では一般的なことですが、トイレットペーパーを便器に流してはいけません。

下水管が細かったり水圧が弱かったりといった事情により、トイレが詰まってしまうからです。これはインドも同様です。

旅慣れている人にとっては常識となっていることなので、初めての海外の方は説明を受ける機会がなくトイレを詰まらせてしまったという話を何度か聞いたことがあるのでご注意ください。

では使用後のトイレットペーパーはどうするのかというと、トイレ内に設置されているゴミ箱に捨てます。

以前、東京都庁の展望台へ行った時、トイレに「使用済トイレットペーパーは便器に流してください」と書かれた貼り紙がありました。

これはアジアからの観光客が使用済トイレットペーパーをどう処理して良いか分からず困ったからではないかと思います。

注意4:トイレットペーパーを捨てるゴミ箱がない場合が多い

中国などの場合にはトイレットペーパーを捨てるゴミ箱が必ず設置されていますが、インドの場合はもう一段階カルチャーショックがあります。

インドのトイレは、トイレットペーパーを便器に流せないにも関わらずゴミ箱がない場合が多いです。

従って、トイレットペーパーが溜まることもなければハエがたかることもなく、トイレは比較的清潔に保たれています。

「インドのトイレ」というと非常に不衛生な印象がありますが、個人的な印象としては中国の方が耐えられないトイレが多かったです(最近はだいぶ清潔になってきていますが)。

なぜトイレットペーパーを捨てるゴミ箱がないかと言うと、インド人はトイレットペーパーを使わず、シャワー(または水桶)と左手でお尻を拭くからです。

従って、トイレットペーパーを便器に流してはいけないがトイレットペーパーを捨てるゴミ箱もないというとんでもない状況に追い込まれます。

ここは諦めてインド式にシャワーと左手でお尻を拭くのが1番なのかも知れませんし、実際に多くの日本人はそうしているようです。

しかし、それが耐えられない場合にはトイレットペーパーを捨てる用のポリ袋などを持参すると良いかも知れません。

それを持ってトイレから出る必要はないかも知れませんが、トイレットペーパーをポリ袋に入れてトイレに放置しておいてあげれば清掃の人も片付けやすいのではないかと思います。

注意5:有料トイレではお金を払う

入口に清掃員が待っていて、お金を払わなければならない場合があります。私が住んでいるチェンナイでは地下鉄の駅などで有料トイレの場合がありますが、利用料は5ルピー(約8円)です。

500ルピーや2000ルピー札しか持っていないと利用させてくれない場合もあるので、できるだけ小銭を持ち歩くようにしましょう。

バスやオートリキシャに乗る時も、高額紙幣だと嫌がられるので、ローカルなインドを楽しみたい方は小銭を持ち歩くようにしましょう。

インドでのトイレの探し方

日本では緊急事態の場合にはコンビニのトイレ等を利用できますが、インドでトイレを探すのは至難の業です。

インドで確実にトイレが利用できるのは一流ホテルガソリンスタンドです。それぞれにメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
一流ホテル 清潔 探すのが大変
ガソリンスタンド 簡単に見つかる 不潔

ホテルと言っても、ローカルの人が宿泊するような1泊300ルピー程度のホテルではなく、1泊3000ルピー以上するような、入口でセキュリティチェックがあるレベルの高級ホテルです。

貧しいインド人がホテルへ入ろうとすると確実に追い払われるのですが日本人であればバックパッカーであっても中へ入れます。

またガソリンスタンドは大通り沿いにあります。ホテルのトイレにはペーパーがありますが、ガソリンスタンドにペーパーはないので持参が必要です。

まとめ

「インドのトイレは不潔だ」と言われますが、日本だって駅や公園などのトイレは清潔とはいいがたく、それと変わらないのではないかと思います。

ましてやインドは壮絶な格差社会です。富裕層、中間層、低所得層で使うトイレのレベルも全く異なります。

貧乏なバックパッカー旅行をしない限りは日本人が低所得層のトイレを利用することはありませんので、駐在でインドへ来られる方はご安心ください。

逆に、インドで貧乏旅行をしようという方はそれ相応の覚悟を持って来てください。

スポンサーリンク