中国語検定2級合格までの勉強法 〜実践会話でも役に立つ勉強法〜

中国語検定3級に合格したけど、2級は全く歯が立たない

という方は多いのではないでしょうか?私は休みつつゆっくり勉強していましたが、2級は3回不合格となり、2013年に3級に合格してから2017年に2級に合格するまで4年もかかりました。

中国語検定は3級合格後に「中級者の壁」にぶつかると言われますが、私は正に中級者の壁で苦しんでいました。しかし、試行錯誤を続けていくうちに手応えのある勉強を見つけ、無事に合格することができました。

初心者から3級合格まではいわば短距離走なのですが、3級合格以降はマラソンになります。

3級までは短期集中で合格できますが、3級合格から全力疾走で2級合格を目指そうと焦ると挫折します。

この記事を読めば、2級合格に向けた教材と勉強法を知ることができます。

なお3級までの合格方法は中国語検定の4級と3級に合格する勉強方法をご参照ください。

文法の理解 + 瞬間中国語作文

中国語2級の学習をされている方であれば、「Why?にこたえるはじめての文法書」はご存知だと思います。

中国語スクールに通っている方は別ですが、独学で中国語の文法を勉強される場合、日本語でここまで詳しい中国語文法の解説書は他にないと思います。

3級レベルであれば文法書の内容を読んで練習問題を解き、文法を一通り理解するだけでも大丈夫ですが、2級は文法を理解するだけでなく運用能力を問われます。

作文問題で必ず出題される複文や、第2問の正誤問題なども、頭で理解するだけでなく感覚を身につけるレベルまで反復しないと難しいです。

そこで、2級合格のためには文法を使いこなせるようにする必要があります。

「瞬間英作文」というベストセラーの英語書籍がありますが、中国語にも同じコンセプトの本があるのをご存知でしょうか?

中国語検定協会の理事長を長年務められている上野恵司先生の著書、「精選中国語重要文例集」という本が、まさに瞬間英作文の中国語版です。

見た目は極めて地味で「昭和の語学書臭」がプンプンして凄いですが、コンセプトは瞬間英作文と全く同じです。

この本には文法の解説はほぼ書かれておらず、シンプルな中国語と日本語の短文が羅列されている本です。

複文が中心ですが、把構文や受け身など、単文の文法も一部含まれます。

使い方としては

  1. 中国語を見て瞬間的に日本語の意味が分かるようにする
  2. CDを聞いてシャドーイング(音声を聞いた直後に復唱すること)ができるようにする
  3. 日本語を見た瞬間に中国語が口からスラスラ出てくるようにする

というステップで練習します。300近い例文がありますので物凄く時間がかかりますが、これをやりきると作文問題で書くべき構文はすぐに分かるようになります。

なお「精選 中国語基本文練習」という、初心者から3級レベルを対象にした本もあります。

こちらは600以上も例文があり、量が多すぎるので中国語3級受験者がやると挫折すると思いますが、2級を目指す方で不安がある方にはオススメです。

ここでいう「不安がある」というのは文法が理解できないという意味ではなく、中国語で会話をするときに瞬発的に文章が口から出てこないという意味です。

中国語の文法は理解できるんだけど、会話になると出てこないんだよなぁ

という方は絶対にこの本で練習した方がいいです。

中国語検定合格のためだけでなく、中国語で会話をするためにも瞬間中国語作文の練習は必須です。

もし例文で理解できないところがあれば「Why?にこたえるはじめての文法書」に戻って再度理解しましょう。

筆記対策としてはASK出版の「合格奪取! 中国語検定2級 トレーニングブック 筆記問題編」を利用されている方が多いと思いますが、個人的にはこの本をやるよりも前にまず精撰中国語文例集をやり込む方がオススメです。

また後述しますが、トレーニングブックの筆記問題編は難しすぎる印象です。

キクタン中級編レベルの単語をマスター

中国語の単語帳といえば「キクタン」を使用されている方が大多数だと思います。初級レベルの中国語単語集は多数ありますが、2級レベルまでの単語帳といえばキクタンのみではないでしょうか?

キクタンはオレンジの入門編で4級、黄色の初級編で3級まで合格します。しかし2級に合格するためには緑の初中級編だけでは足りず、水色の中級編までマスターする必要があります。

2級には水色レベルの単語がバンバン出てきます。「マスターする」というのは

  1. 中国語を見て瞬間的に日本語の意味が分かる
  2. CDを聞いて、またはピンインを見て瞬間的に日本語の意味が分かる
  3. 日本語を見た瞬間に中国語のピンインと漢字が分かる

という状態まで持っていくことです。

全ての単語を完璧にしようとすると時間がかかってしまうので、8割くらいを目指せばOKかと思います。

CDをランダムシャッフルしたり、苦手な単語だけ抽出して練習できないのがもどかしいところですよね。

私は、巻末の索引を利用して「ピンイン→日本語」の練習をしていました。

シャドーイングの練習

中検2級のリスニングの練習は「中国語検定2級トレーニングブック リスニング編」一択ではないでしょうか。

東進ブックスの「聴読中国語」などよりは遥かに興味深い文章が多く、楽しく続けられることができたのもポイントです。

私は4回も中国語検定2級を受けましたが、毎回8割以上の受験生がこの本(と同シリーズの筆記問題編)を持ってきていたので、中国語検定2級対策本としてはほぼ独占状態なのではないでしょうか。

私はこの本でシャドーイングを繰り返しました。この本の他、中国語検定の過去問を2年分(6回分)ほどやりました。

NHK語学プレーヤーというアプリを入れると、「ABリピート機能」という機能を利用して聞き取れなかった箇所のみ何度も反復して練習することができるのでオススメです。

とはいえ、この本を全て学びきる前に2級は合格しました。私はまだこの本をやり終えていません。

私は今インドに住んでいて中国語の勉強は一時停止していますが、この本は中国語の日常会話にも役立つ文章が満載なので、中国語の勉強を再開したらまずこの本からやり直したいと考えています。

筆記対策

先ほどASK出版の「合格奪取! 中国語検定2級 トレーニングブック 筆記問題編」は難し過ぎるのでオススメしないとお伝えしました。

最初の頃は「トレーニングブック 筆記問題編」を学習していたのですが、この本の内容と過去問を見比べたとき

TATSUYA
こんなに細かくて難しい問題が出題されないだろう

と確信しました。その代わり、私は「中国語検定2級徹底攻略―筆記問題完全マスター」で筆記問題の準備をしました。

この「中国語検定2級徹底攻略―筆記問題完全マスター」の著者は、トレーニングブックの著者と同じ人です。

「筆記問題マスター」は全部で8講に分かれており、それぞれ課文と練習問題から構成されており、これをガリガリやるとかなり語彙力などを深めることができます。

この本では、類義語や多義語など、キクタンや精撰文例集でカバーできない部分を学習することができ、とても役に立ちました。

完璧を目指さない

以上、中国語検定2級の勉強方法でした。

ここで紹介した教材を、ここで紹介した方法で勉強すると途方もなく時間がかかりますが、確実に実力が伸びます。

私も、漫然と過去問を解いていた頃に比べて格段に中国語力が向上した実感が湧きます。

正直、全てをやり切らなくても6〜7割を学べば中国語検定2級には合格できるかと思います。

個人的には、机に向かって勉強ばかりしていてもつまらないので、オンライン中国語会話をしたり、中華レストランへ行って中国人と中国語で会話してみたり・・・といったことを通じて楽しみながら中国語を鍛えていくのがオススメです。

英語に比べて中国語のネイティブは日本に大勢いるので、そういう面ではとても有利ではないでしょうか。

皆さんの中国語検定2級合格を応援しています。