【中国渡航】日本で準備すべきネット規制対策【VPN/ローミング】

中国へ渡航するときに最も問題になるのが通信環境です。

中国ではインターネットの規制があると聞いたけど、どのような準備が必要だろう?

この記事では、これから中国への渡航を検討している方に向けて、中国でも海外のインターネットを使うために日本で準備しておくことについてご説明します。

中国へ赴任する方だけでなく、旅行や出張で中国を訪問する方にも参考になる内容です。

この記事を読めば、中国でのインターネットについて不安はありません。

スポンサーリンク

中国のインターネット環境

中国とインドの地図

海外へ到着した時は、空港でプリペイドSIMを買って挿せば気軽にGoogle Mapで気軽に散策できますが、中国ではそう簡単にはいきません

中国ではGoogleやLINEを使えない

中国は強烈な情報統制を敷いているため、LINE, Google(YouTubeを含む), Twitter, Facebook, Instagramなどが軒並み使えません。Microsoft系のアプリとZoomなどは使えます。

※LINEのチャット機能と発信はできませんが、国外から発信されたLINEの着信だけはできます。

入国していきなりLINEやYouTubeを使えなくなるのは大変だと思いますので、準備が必要です。

中国からGoogle等の海外サービスを使う方法はローミングVPNの2通りがあります。

ローミングは合法で確実に接続できますが値段は高く、一方のVPNは安価ですが接続が不安定で、中国では使用を禁止されています。

ローミング VPN
価格 高い 安い
接続状況 良好 不安定
コンプライアンス 合法 禁止

中国のネット規制に抜け道がある理由

中国は厳しい言論統制を敷いていますが、その理由は説明すると長くなるため省略します(背景に興味がある方は中国人が一党独裁や言論統制を肯定し「一つの中国」に拘る3つの理由をご参照ください)。

中国政府は海外の反政府的な言論が中国国内のSNSへ流れ込むことを恐れていますが、一方で外資系企業や外国人が中国でビジネスをして中国経済の発展に貢献してもらうことも期待しています。

もし海外のインターネットを徹底的に遮断してしまうと外国人が中国へ住みたがらなくなってしまうため、外国人のために抜け道を用意しています。

それがデータローミングです。

もちろん、もし外国人が中国政府にとって都合の悪いコンテンツをコピペして中国国内のSNSへ流したら厳しく取り締まられるに違いありません。

しかし、外国人が個人で勝手に海外のコンテンツを楽しむことまで禁止する気はないようです。

一方のVPNは中国では禁止されていますが、中国在住の外国人はほぼ全員利用しており、取り締まりや罰則を受けたという話は聞いたことがありません。

外国人がVPNを使っていることを中国政府が知らないはずはありませんが、上記の理由から見て見ぬふりをしているようです。

もし中国政府が本気で取り締まったら、中国在住の外国人はほぼ全員処罰されることになります(とはいえ、中国政府は「やる時は徹底的にやる」ので、その可能性もゼロとは言えませんが・・・)。

中国国内の反政府的な動きは封じ込めたいものの、外資系企業や外国人に中国でビジネスをして欲しいという絶妙なバランスの上に成り立っている状況と言えます。

中国でのデータローミング利用

VPN

12GBのデータローミングSIM

データローミングとは、通信キャリアのサービスエリア外で通信しようとしたとき、提携する現地キャリアの通信網を代わりに利用する機能のことです。

中国では、中国移動や中国联通といった大手の通信キャリア(日本でいうドコモやauに相当します)が香港へのローミングサービスを実施しています。

中国の大手企業が実施しているくらいですので当然合法で、決して通信が遮断されるリスクがなく、中国国内でも安心してスイスイとYouTubeやLINEを楽しむことができます。

 

ローミングを利用したい場合には、こちらのSIMカードがオススメです!

中国到着後、こちらのSIMカードを携帯電話に挿すだけで、中国国内でもYouTubeやLINEを使うことができます。

スピードも快適で、ほぼ日本と同じ環境でインターネットを使うことができます。

12GBの容量を使い果たした場合には、30日以内であればチャージをして使用することが可能です。

使用上の注意
  • SIMロックが解除されている必要があります。ドコモ、auやソフトバンクで購入した携帯電話でSIMロックされている場合には、ネットで方法を調べるかショップへ行ってSIMロックを解除してください。
  • このSIMカードは頻繁に在庫切れになりますが、多くの方が出品しており、よく追加入荷するので、もし一時的に在庫切れの状況でも諦めずに日を置いてAmazonや楽天を確認してください。
  • こちらはデータSIMのため、中国の携帯電話番号を利用できない点に注意が必要です

容量無制限のデータローミングSIM 大中華商楽通

もし12GBのデータ制限が困る場合には、「大中華商楽通」というデータ容量無制限のデータローミングサービスがあります。

 

仕事でGoogle系のサービスをたくさん利用する場合や、絶対に通信の遮断が許されない場合には、大中華商楽通が間違いなく一番安心です

最初に購入できるのは30日分だけですが、中国入国後も30日毎に更新ができます。

私も中国入国から1か月間利用しましたが、とても快適で、日本と全く同じネット環境を楽しむことができました。

サポートもしっかりしていて、メールで質問したらすぐに返信を頂けました。

ただ香港へのローミングになるため、もし日本のコンテンツ(NHKオンデマンドやAbemaなど)を楽しみたい場合には、更にVPNを追加して日本のサーバーへ接続しなければなりません。

中国のネットからExpress VPNやセカイVPNへ接続すると頻繁に遮断されますが、香港へローミングした上でこれらのVPNへ接続する場合は安定的に接続できます。

楽天モバイル

楽天モバイルのデータローミングでも中国でLINEやGoogleを利用することができます。

通常のプランで利用できるのは2GBまでに限られていますが、足りなければ追加で購入することができます。

楽天モバイルの良いところは、中国だけでなく多くの国で利用できることです。

日本国内であれば、月額約3,000円で携帯電話を使い放題です。

日本で電話を使わない場合にも、月額約1000円で日本の電話番号を残しておけるので、中国に長期滞在する場合にも便利です。

公式サイト:【楽天モバイル】

【短期滞在者向け】容量無制限ポケットWiFiレンタル

出張や観光などの短期滞在者専用にはなりますが、グローバルモバイルなら1日890円で容量無制限のポケットWiFiをレンタルできます。

1週間程度の出張であれば大中華商楽通よりも安上がりですし、容量制限を気にしなくて良いのが魅力です。

ポケットWiFiなので携帯電話のSIMカードを差替える必要がなく、5台まで同時接続をすることができます。

公式サイト:グローバルモバイル

スポンサーリンク

中国でのVPN利用

深圳 蓮花山公園

データローミングは合法で確実に接続できるため安心で快適ではありますが、少し値が張ります。

もし費用を抑えたい場合にはVPNがオススメで、その中でも私はかべネコVPNを一番お勧めします。

私は2022年11月に中国へ入国し、無料のお試しプランで色々なVPNを試しました。

Express VPNやセカイVPN、Nord VPNは利用者が多いですが、2022年秋の共産党大会以降は接続状況が極めて悪くなり、特に2022年11月に発生した全国各地の抗議運動以降は全く接続できなくなりました。

今後も政治状況が改善すれば接続できるようになるかも知れませんが、いつまた遮断されるか分かりません。

急にGoogleやYouTubeやLINEを使えなくなるのは極めてストレスなので、使えなくなる可能性が高いVPNを使うくらいだったらローミングのSIMを買うことが個人的にはオススメです。

色々なVPNを試しましたが、かべネコVPNは共産党大会後の時期や抗議活動が活発だった時期でも全く通信が遮断されずに利用可能でした。

  • 日本の会社なので全て日本語で利用できる

かべネコVPNの運営会社は東京に本社があり、全て日本語で対応してもらえるので安心です。

12VPNなども接続は途切れませんが、英語対応のみです。

  • 接続ができなくなったことがない

かべネコVPNの接続方式はTrojan-GFW方式とOpenConnect方式があり、OpenConnect方式は接続できなくなったことが一度もないそうです。

Trojan-GFW方式は接続できなくなることがありますが、接続できなくなってすぐ「Trojan-GFWサーバーの一部が規制を受けました」という丁寧なメールが届きます。

Express VPNなどは接続できなくなっても何の連絡もありませんので、かべネコVPNの安心感は絶大です。

他のVPNは中国に特化しているわけではありませんが、かべネコは中国の接続制限対策に集中しているのでサポートがとても手厚いです。

  • 費用が安い

通常のVPNは月1000円~2000円ほどかかりますが、かべネコVPNは1か月プランで880円/月、1年プランなら480円/月と格安です。

4台まで同時接続可能なので、スマホやタブレットやPCなどを同時に使うことができ便利です。

  • 2週間の無料お試し期間がある

通信が途切れないVPNとしてはUCSSも有名ですが、無料お試し期間がないという難点があります。

その点、かべネコVPNは2週間の無料申込期間があるので効果を実感できます。

かべネコVPNは、申込時に以下の6桁のコードを入力すると10%引きになります!

su8768

VPNの支払入力時に「クーポン」という項目がありますので、そこにコードsu8768と入力するだけで10%引きになります。

かべネコクーポン2

このように入力します↑

すると、支払い画面で10%割引が適用されているのを確認できます。

かべネコクーポン1

かべネコVPNのホームページはこちらです。

まずは無料お試しに申し込みましょう!

中国の電話番号付SIMカード

2022年12月時点では政府隔離があり、政府隔離中に登録しなければならない健康コードに中国の携帯電話番号を登録しなければなりません。

政府隔離が必要なくなった場合も、シェアサイクルやデリバリーを利用するときに中国の携帯電話番号の登録を求められることがあります。

入国してすぐに中国の携帯電話番号を取得できれば良いですが、中国のお店は基本的に英語が通じず、中国語が必須なため、旅行者や出張者が気軽に電話番号を入手するのはハードルが高いです。

そこで、日本で念のため中国の携帯電話番号付きSIMカードも購入しておくのがオススメです。

 

先ほど紹介したLINEやYouTubeを使えるSIMカードには中国の携帯電話番号がついていませんので、こちらのSIMカードとの使い分けが必要です。

また、こちらのSIMカードもSIMロック解除をしておく必要があるので、ドコモ・Softbank・auで購入したSIMカードにSIMロックがかかっている場合には日本にいる間にモバイルショップ等でSIMロック解除をしてもらいましょう。

初めての中国で不安なら「中国入境隔離快適キット」がオススメ

ここまで、データSIMと通話SIMを購入して使い分けることをお勧めしましたが、初めての中国で不安が大きい場合は中国移動の中国入境隔離快適キットを購入すれば一番安心です。

中国入境隔離快適キットには以下が含まれています。

  • 中国の携帯電話番号付きのSIMカード
  • LINEやYouTubeを30日間無制限で使い放題のポケットWiFi
  • 日本のテレビ(地上波とBS)を30日間見放題
  • 隔離生活の便利帳

この「隔離生活便利帳」は、隔離生活だけでなく、中国の支払決済方法やデリバリーアプリの使い方、日本語での中国生活情報の取り方、日本人コミュニティの紹介など、中国生活に必要な情報を一通り揃えることができます。


これさえあれば何も不安はなく、中国生活が初めてで、中国語を話せない方にはとてもオススメです。

中国入国には事前準備が必要

中国の空港には必ずフリーWiFiが飛んでいますが、中国のインターネットのためGoogleもLINEも使えません。

空港のフリーWiFiだけだと、中国を話せず、中国へ初めて渡航する方はかなり困惑することになると思います。

この記事でご紹介した方法で事前準備をして、安心して中国へ渡航してください。

スポンサーリンク