ニューヨーク

いま人気が上がっている資格の一つにUSCPA(アメリカ公認会計士)という資格があります。

アメリカの資格であるため世界で通用するということで、海外就職を目指している人達の中でも勉強をしている人は珍しくありません。

そこでこの記事では

  • USCPAを取得すると海外就職で有利に働くか
  • 日本で資格を取得してから海外を目指した方が良いか、海外へ行ってから勉強した方が良いか

といったことについて書きたいと思います。

なお、私はUSCPAは取得しておりません。

もともと日本でUSCPAの資格取得に向けた勉強をしていましたが、現在はストップしています。それについても後ほどご説明します。

USCPAを取得していない私がUSCPAについて記事にするのは非常におこがましいですが

・一時期本気で勉強をしていたこと

・周りでもUSCPAを目指している知人が少なからずいること

・海外就職の面接や、海外での業務を通じてUSCPAについて考えるところがあること

などから、無資格者の私でも少しはお役に立てることが書けるのではないかと思い、記事にしてみました。

当然のことながら、合格していないので勉強法などについては全く書いていません。

USCPA(米国公認会計士)概要

まず、USCPAがどういう資格なのかを簡単にご紹介します。

USCPAとは

公認会計士というのは、会社が利益の水増しなどの不正をしていないかチェックをする監査業務を主な仕事とする会計のプロです。

各国毎に会計士の制度があります。日本には日本の、アメリカにはアメリカの、インドにはインドの会計士制度と資格試験があります。

アメリカの会計士試験を通過すると、登録した州での監査業務(監査報告書へのサイン)を行うことができます。これは独占業務です。

日本で監査報告書へのサインをするためには日本の会計士資格が必要です。インドでサインするにはインドの資格が必要です

しかしアメリカの会計士は世界的にブランド力があるため、日本でもインドでも(監査報告書へのサインはできませんが)世界的に会計のプロとして認められます。

例えば「インドの会計士です」と言われても、インドの会計士がどの程度の専門知識を持っているのかは日本人には検討がつきません。

※実際にはインドの勅許会計士試験は物凄く難しく、インドの文系資格では最難関とされています。インドでは弁護士の地位が極めて低く、会計士の次に難しいのはカンパニーセクレタリー(司法書士のような資格ですが、不動産は扱わず会社法関係の手続きのみ行います)だそうです。

アメリカの会計士資格は世界各国の人が目指すので、海外でもブランドが通用します。

USCPA試験の概要

日本の公認会計士は弁護士(司法試験)に次いで難しい試験とされ、働きながら取得するのはほぼ不可能と言われていますが、アメリカの会計士資格は社会人が働きながら取得する人が多いです。

日本の会計士試験 USCPA試験
平均勉強時間 3000時間 1000時間
受験料 19,500円 約20万(下記参照)
大学単位取得費用 0 0万〜40万
予備校費用 80万円 20万〜40万
試験の言語 日本語 英語
試験の頻度 短答は年2回

論文は年1回

随時

平均勉強時間

平均勉強時間については1,000時間程度と言われています。

平日2時間、土日それぞれ5時間の勉強で週に20時間になり、それを約1年間続けると1000時間となります。働きながら確保するのが不可能な勉強時間ではないので、多くの方が働きながらUSCPAの勉強をしています。

費用

USCPAには細かい費用がバラバラとかかるのですが、総額100万円くらいは見込んでおいた方が無難だと思います。一度落ちると数万円単位で追加費用がかかります。

費用については非常に複雑なのですが、分かりやすくまとめているサイトがありますので、下記ご参照ください。

 USCPA合格にかかる費用はどれぐらい? 

とにかくUSCPAはお金がかかります。

試験は全て英語

当たり前ですが、USCPAはアメリカの試験なので全て英語です。勉強の過程を通じて自然と英文会計が身につき、実務でも活かすことができます。

日本の公認会計士試験のように本格的な論文試験はなく、殆どが選択式問題です(BECという科目の一部にエッセイがあります)。

試験は1年中受けられる

「1年中」というと語弊があるのですが、3ヶ月毎に期間が区切られています。

第1期:1/1 〜 3/10

第2期:4/1 〜 6/10

第3期:7/1 〜 8/10

第4期:10/1 〜 12/10

上記の期間中であれば、好きな日にテストセンターを予約して受験をすることができます。

同じ科目は各期間で1回しか受けられませんが、違う科目であれば何科目でも受けられます。

例えば、4/1~6/10の期間でFAR、AUD、BEC、REGを全て合格してしまえばそれで終わりです。

1つの科目に合格すると、その合格は1年半有効です。

例えば2020年の1月にFARに合格してから1年半以内に他の科目全てに合格しなければ、合格したFARは失効し、もう一度FARを受験しなければなりません。

どのような人達がUSCPAを目指すのか

どういう人達が資格取得を目指すかと言うと

  • 監査法人への就職・転職
  • 外資系企業の財務経理部長への転職
  • 海外での会計・経理職への転職

を目標とする人達です。

監査法人は通常、最難関資格の一つである日本の公認会計士試験を突破した人が就職します。しかしUSCPAに合格すると、監査法人へ就職し監査業務に従事することができます。もちろん、日本の公認会計士資格は持っていないので監査報告書へのサインはできませんが、監査業務に従事することはできます。

このブログでは海外就職希望者がUSCPAを目指すことについて考えてみます。

USCPAは海外就職で有利か

USCPA1000時間と100万円を投資することになりますが、その価値があるのでしょうか。

海外で働く場合、会社の業務命令で派遣される「駐在」と、自分の意思で海外に就職する「現地採用」の2つがあります。駐在と現地採用の違いについては下記記事をご参照ください。

USCPAを取得して海外駐在を目指す

通常、海外駐在ができるのは営業や技術者といった、売上生み出すフロント部門の社員であることが多く、バックオフィスの人が海外駐在できる機会は殆どありません。

海外駐在は会社にとって非常に大きな負担となるので、管理部門のスタッフを駐在させるのは余程大きな規模の会社か、海外に工場を多数持っている企業などに限られます。

しかし、会計事務所・監査法人の場合はある意味会計の専門家が「技術者」という位置づけになります。

従って、USCPAを取得して監査法人へ入ってから海外駐在を目指すというキャリアがあるのではないかと思います。

但し海外駐在ができるのはBig4などの大手会計事務所に限られます。

今は会計士が不足しているので、USCPAを取得すると35歳くらいまで監査法人へ就職できるそうです。

もちろん、35歳で就職したからと言って22歳の新卒と同じ時点からスタートします。

監査法人へ就職するにはUSCPAを突破する必要がありますが(日本の会計士試験を合格した場合を除きます)、事業会社の経理から海外駐在できる可能性が低いことを考えると、USCPAはとてもメリットがあるのではないでしょうか。

USCPAを取得して現地採用を目指す

現地採用の場合、USCPAを必須としていない経理や会計関係の求人は多数あります。

例えばインドの場合、会計系のバックグラウンドを持つ日本人は圧倒的に不足しているので、他の国に比べて経験が浅くても採用してもらえる可能性があります。

アジアの事業会社で財務経理をやる場合には特にUSCPAが必要になる機会は少ないと思います。

ただ、会計事務所の場合には取得して損はないと思います。

USCPAがなければ採用してもらえないというわけではないですが、インド人の会計士から「お前はCPAを持っているのか?」と聞かれたことが何度かあります。

※インドで"CPA"と言えばUSCPAを指します。"JCPA"(日本の会計士)と言ってもピンと来ません。

名刺に「米国公認会計士」と書かれていると、(たとえインドであっても)お客さんに与える信用度が違います。

日本の公認会計士の方が圧倒的に難しいということは、日本人であっても財務経理分野の人以外にはあまり知られていません。

むしろ「英語で試験をする分、日本の会計士よりもアメリカの会計士の方がレベルが高いんじゃないか」と誤解している日本人もいます。

客先に出て会計の専門性で勝負する職業につく場合にはUSCPAは非常に効果を発揮しますので、USCPAを歓迎している求人は少なくありません。

海外でUSCPAを勉強する

私は日本で働いていた時、「日本でUSCPAに合格したら海外移住しよう」と考えていました。しかし結果的に、合格する前に移住をしてしまいました。

日本で勉強してUSCPAに合格してから海外移住をすべきか?

海外移住をしてから海外でUSCPAの勉強をすべきか?

を迷っている方がいると思うので、その点について考えてみたいと思います。

海外でUSCPAを勉強することには、日本で勉強する場合と比べてメリットとデメリットがあります。それぞれご紹介します。なお、アジアで現地採用(または駐在)として働く場合のことのみを想定しています。

アジアの国でUSCPAを勉強するメリット

英語を業務で使う

特に会計・経理で働いている場合には、勉強で習った英単語と業務で使う英単語が重複するので相乗効果があります。アジアの多くの国(中国を除くほぼ全ての国だと思います)では、英語ができれば会計・経理は問題なく業務をすることができるようです。

インドの場合には100%英語です。インド人同士がタミル語やヒンディー語を話しているのを聞くことはありますが、インド人がビジネスメールや文書で英語以外の言語を使っているのは見たことがありません。

会計基準や税法、決算書類や監査報告書などは全て英語で書かれています。また、インド人の経理、特にインドの会計士であればUSCPAは簡単なので、仲良くなって質問すると教えてくれたりします。

勉強時間を確保することができる

日本で働いていると、残業や通勤時間で時間を使ってしまうことが少なくないと思います。体力的にも消耗します。そして、経理の場合には四半期決算や期末決算になると深夜残業や休日出勤が重なりなかなか勉強時間を確保できないことも少なくないのではないかと思います。

一方、海外で働いていると、基本的に定時退社が原則です。もちろん四半期・期末は忙しくなりますが、日本ほどではない印象です。また、郊外の工場へ都心から勤務する場合を除いて日本のような長距離通勤をすることも少ないため、通勤で時間が奪われることも基本的にありませんので、平日2時間・週末5時間の勉強時間を確保することは比較的容易です。

特にインドの場合、日本人会の活動へ顔を出したり旅行をする以外にはやることがありませんので、必然的に勉強をすることになります。

アジアの国でUSCPAを勉強するデメリット

受験のたびに日本へ帰国しなければならない

USCPAは世界各地で試験が開催されていますが、日本人が受験する場合はアメリカか日本で受験することになります。受験地の詳細は下記サイトをご参照ください。

USCPAはどこで受験できるの?

私はインドに住んでいるのでドバイで受験できたら楽なのですが、日本国籍の人はドバイでは受験できません。

日本人の場合には、受験のたびに日本へ帰国するかアメリカへ行かなければなりません。アジアの国の場合には日本の方がグアムより行きやすい場合が多いと思いますし、帰国のついでに用事も済ませられるので日本で受験する方が多いようです。

USCPAは3ヶ月に1度、1科目ずつ受験する方が多いので、ヶ月ごとに4回日本へ帰国することになります。日本での受験地は東京と大阪に限られます。香港や上海など日本から近く直行便のある場所で働いている方は良いですが、インド就職者が受験をしに行くのはそれなりに大変です。

勉強仲間を見つけるのが難しい

日本にいると、予備校などで勉強仲間を見つけることができ、それが励みとなってモチベーションの維持に繋がるかも知れません。

しかし、海外でUSCPAを勉強している人は(どこの地域にもいますが)日本に比べると見つけるのが少し難しく、孤独に勉強する側面が強くなるかも知れません。

USCPAの勉強を停止している理由

いま私はインドにいて、英文会計を駆使する仕事をしているので、「業務内容とのシンクロ」という点でも「勉強時間の確保」という点でもUSCPAの勉強を進めるには絶好の環境です。

しかし、私はUSCPAの勉強を停止しています。

その理由を一言で表すと

インドに来て人生観が変わり、将来の準備よりも今を大切にしたいと思った

ということになります。

インドに来ると面白い場所や面白い人がたくさんいて、週末には日本からでは中々行くことのできない観光地へ行くこともできます。

その面白さに魅了され、週末には部屋に籠って勉強をしているよりもインド国内を旅行したり楽しみたいという気持ちが強くなりました。

また、インドでの生活体験をブログで発信したいという気持ちも強くなりました。このブログは意外と作成に時間がかかり、USCPAと平行できるものではありません。

そもそも「ある程度の収入を稼ぎながら海外で暮らしたい」というのが私にとってのUSCPA受験の出発点だったのですが、なぜ海外に行きたいのかと言えば「新しいものに触れたい」「異文化体験をしてみたい」ということでした。

いまインドにいてカルチャーショックを体験できる環境にいるのに、それを犠牲にしてUSCPAを目指すのは本末転倒に思えて来たので一旦勉強はストップしています。

ただ、USCPA取得にメリットがあるのは間違いなく、勉強を完全に辞めたわけではないので、別の国へ移住したら、またはインドに十分満足したら勉強を再開したいと考えています。

経理での海外就職に興味がある方は下記記事もご参照ください。