深夜

不眠症の人は、眠れない時に焦ってしまうと思います。

実は、眠れない時には無理に寝ようとせず、眠れない原因を考えることで長期的には人生が改善する可能性があります。

私は幼い頃からストレスがかかると不眠になる傾向があったのですが、加藤諦三先生の「眠れない人のための心理学」という本を読んでから不眠が改善しました。

この記事では「眠れない人のための心理学」の内容をご紹介しつつ、不眠との向き合い方をご紹介します。

この記事を読むと、不眠症を別の観点から考えることができます。

スポンサーリンク

ストレスがかかると不眠症になる

私はかなり幼いころから不眠症(入眠障害)の傾向があり、ちょっと刺激があるとすぐに眠れなくなりました。

小学校の林間学校などでも午前3時まで眠れず、翌日倒れそうになりながらハイキングをした記憶があります。

大学受験の前日もほぼ眠れず、ほぼ徹夜で試験に臨みました。試験中は緊張しているので眠くなりませんでした。

しかし、センター試験の場合は必要な科目の受験が完了して予備で受験した科目の時間になった瞬間に強烈な眠気に襲われたのを覚えています。

不眠症の中でも、寝る直前にコーヒーを飲んだとか、ゴキブリが出て発狂したなど不眠の原因がハッキリしている場合は一時的な不眠ですので、あまり問題はありません。問題は原因不明かつ長期慢性的な不眠症です。

不眠症対策というのはかなり幼いころからの課題で、弱い睡眠薬を服用して強制的に寝るようにしていたこともありました。

また不眠症に関する様々な書籍を読んで、寝る前にホットミルクを飲むとか、軽くストレッチをするなどの対策をしていました。

しかし焼け石に水で、そういった個別対策で簡単に寝られるような甘いものではありませんでした。

ストレスの原因そのものと向き合わない限り根本的な問題解決にはなりません。

不眠の原因に気づく

「眠れない人のための心理学」は不眠の根本原因と向き合う本で、結論から言うとだいぶ寝つきがよくなりました。

もちろん、全ての人に効果があるとは断言できませんが、不眠の改善例として私の事例をお伝えします。

神様が私に「眠るな」と言っているのだから、眠らないで良いと思うことである

加藤諦三 「眠れない人のための心理学」 P41

まず「眠らなくて良い」と宣言しています。

でも不眠症だと健康にも悪いし、病気にもなりやすくて寿命が縮むんじゃない?

と思いますよね?この本は、ここからの展開が衝撃的です。

これからは非現実的なほど高い期待を持たないことである。つまり健康で長生きしようなどと思わないことである。今、生きているということ自体が、賞賛に値する努力の賜なのである。

加藤諦三 「眠れない人のための心理学」 P50

不眠が健康に悪いのは当然のことですが、「不眠の人が健康で長生きをしよう」などと思うこと自体が非現実的なほどの期待(つまり欲張り)であって、まずは自分が今生きていること自体を褒めましょう、と書かれています。

眠れない夜は無理をして寝ようとするのではなく、何をすべきかと言うと「眠れない原因を考える」と書かれています。

眠れぬ夜が「あなたはこの道を歩むべきではない」と知らせているかもしれない。眠れないということを「自分の人生の行く道を教えてくれている」という様に積極的に捉えた方が良い。

加藤諦三 「眠れない人のための心理学」 P54

「この眠れないことは何を自分に知らせているのだろうか」と考えた方が良い。

加藤諦三 「眠れない人のための心理学」 P139

「睡眠薬などを使ってその夜に眠れるようになる」というのは一時的な対応ですが、根本的な改善にはなりません。

根本的な改善策としては生き方を変えるしかありません。

生き方を変えるとは、仕事が原因で不眠になっているなら転職なり独立なりを検討しなければならないかも知れません。

もし不眠の原因が家庭なら離婚を検討しなければならないかも知れません。

私は前職の会社に就職して半年くらいは不眠にならなかったのですが、「しばらくは海外出張や海外駐在の可能性がない」ということが分かってから突然不眠になりました。

当時は年齢の割には給料も良く、利益も出ていて成長中の会社だったので、そこで数年間頑張って財務経理としてのキャリアを積んだ方が良いと考えていました。

しかし不眠症が収まらず、妻からの後押しもあって、会社を退職してインドへ転職することにしました。

インドへの転職を決断した後に不眠が改善し、夜も眠れるようになりました。

不眠に限らず、無理をしていると「その方向は間違ってるよ」と身体が何らかのサインを出してきます。

身体からのサインが出たら素直に従った方が良いと思います。

このサインを無視して無理をしていると重い病気になったり倒れたりします。

人によっては、不眠ではなく生理不順とか、肌に蕁麻疹ができるといった症状として現れるかも知れませんし、依存症という行為で現れるかも知れません。

私はインドへ来て不眠症が改善しましたが、インドがで十分な経験を積んで「これ以上インドにいても意味がない。インドから出たい」と思った途端に不眠症が再発するのではないかと予測しています。

言い換えると、また不眠症になったら転職とインド出国を検討する時期だと思っています。

「不眠の原因に気づきましょう」と言われても、心当たりが全くないんだけど・・・

この本には、具体的にどのようなストレスや心理的な課題があると眠れなくなるのか?眠れるようにするにはどのように考え方を変えれば良いのか?について、具体的な事例を豊富に用意して詳しく説明しています。

「眠れない人のための心理学」を眠れない夜に読むと、今まで気づいていなかったストレスの原因が見つかるかも知れません。

スポンサーリンク

不眠症を利用してストレスと向き合う

私はこの本を読んで、「不眠症に悩む」のではなく「不眠症を利用して人生の方向性を決める」という考え方に変わり、だいぶ楽になりました。

もちろん、夜眠れないことは健康に悪いことではありますが、考えようによっては不眠になるのはラッキーかも知れません。

無理をしているのに身体から何のサインも出なければ、人生を軌道修正する機会がありません。

無理が積み重なって突然バタっと逝ってしまうかも知れません(全く何のサインも出ない人はいないはずで、何らかのサインは出ているはずですが)。

身体のサインを聞けと言っても、仕事もあるし、身体の言うことばっかり聞いてたら社会生活ができないよ

という意見もあるかも知れません。

もちろん短期的には、身体のサインを無視してでも無理をしなければならないこともあります。

「不眠で徹夜したので翌日退職します」という訳にはいかないですからね。

しかし長期的には、不思議なことに身体のサインに従った方が何故か社会生活もうまくいきます。

私の場合、日本の会社で無理をするのを辞めてインドへ来たら不眠が改善しましたが、生活そのものも経済的に豊かになっています。

従って、不眠になったからと言って無理に寝ることはありません。寝ようとしても眠れないので、なぜ眠れないを考える時間に充てます。

もちろん不眠になった翌日は地獄ですが、人生を良くするための犠牲だと考える必要があります。

翌日の会議で寝てしまうかも知れないですし、試験に集中できないかも知れないですし、デートに遅刻してしまうかも知れません。

しかしいずれにしても「自分には縁がなかったんだ。長期的には良い方向へ行くだろう」と信じるしかありません。

不眠症の人は枕元に常時置いておくべき本

「眠れない人のための心理学」は、図書館で借りてきて1回読んだら終わり、という本ではありません。1度読んで分かったつもりになっても、また不眠症になります。

あるときは不安が原因で不眠症になっても、別の時は悔しさが原因で不眠症になるかも知れません。

不安が原因のときは「不安が原因で不眠症になったときの対策」のページだけ読んで満足するかも知れませんが、悔しさが原因で不眠になったときに改めて読み直すと新たな発見があります。

真夜中に図書館へ借りにいくわけにはいきませんから、購入して枕元に置いておき、「今日は寝つきが悪い」と思ったらすぐに読むのがオススメです。

私は、気に入ったフレーズに黄色いマーカーを引いており、寝つけない日はその箇所だけバーっと全部読みます(5分くらいです)。

それだけでバタっと寝られる日もあります。

全部の文章を暗記するほど何度も読んでいるはずなのに、それでも読むと新たな発見があります。

電子書籍でも買えますが、寝る前にスマートフォンやタブレットの光を見るのは睡眠にとって良くないので、紙の本を購入して手元に置いておくことをオススメします。

スポンサーリンク