ロンドン

海外就職をするにはまず情報収集が必要ですが、情報収集には注意すべきポイントがあります。

このポイントを理解していないと、情報に振り回されて疲弊してしまいかねません。

私自身はポイントを抑えないまま闇雲に情報収集をして遠回りしてしまいましたが、インド就職を実現した今から振り返って、気をつけておけば良かったと感じるポイントがあります。

この記事では、海外就職の希望者が情報収集をするときに注意すべきポイントを3つご紹介します。

海外就職で注意すべきポイント
  • 色んな人の意見を聞く
  • ツイッターで情報を収集する
  • エージェントの立場を理解する

ポイントを押さえることで、効率的に情報収集をすることができます。

スポンサーリンク

色々な人の意見を聞く

先日、こちらのツイートをしました。

一言で「海外就職」と言っても、国によって、職種によって、経験や年齢によっても業務内容や待遇は千差万別です。

たとえば海外就職経験者の誰かが

現地採用なんて所詮は駐在員の下働きだよ

と言ったとしても、全員がそうとは限りません。

会社によっては全員が現地採用(日本人が海外で起業した会社など)というケースもありますし、外資系や現地ローカル系の企業であれば駐在か現地採用かという問題は通常は生じません。

何か海外就職で不安に思うことがあったときには、1人に質問するだけで終わりにせず、できるだけ多くの人の話を聞いて、その中で最も納得感のある意見を参考にしてください。

Twitterで情報収集をする

先日、こちらのツイートをしました。

海外就職に限りませんが、Googleは検索アルゴリズムが日々変化しており、最近は役所や大企業の公式サイトが検索の上位に表示され、個人のリアルな体験談などは表示されにくくなっています。

例えば「インド就職」と検索をしても、上位表示されるのは転職エージェントのサイトが多いので、実際のインド就職・インド生活がどうなのか?というところは分かりません。

このブログ(アジアで暮らす)ではできるだけリアルなインド就職・インド生活をご紹介できるよう努めていますが、私の主観によるところが多いのでどうしても情報は偏りがちです。

そこでオススメなのが、海外就職を実現しているTwitterのアカウントをフォローして情報収集をすることです。

Google検索と異なり、Twitterは個人利用者が多く、生の生活・就職情報を発信しています。

インドのツイッター利用者については、下記ブログでまとめられています。

インド在住の日本人Twitterリスト(インド首都圏編)

上記記事はデリー近郊のTwitterアカウントですが、西インド編、南インド編などもあります。

インドの他、東南アジアや中国で海外就職を実現している方のTwitterアカウントも多数ありますので、ぜひ検索・フォローして情報収集をしてください。

スポンサーリンク

エージェントの立場を理解する

海外就職を実現される方は、リクルートやJACなどの転職エージェントを利用される人が多いと思います。

多くの転職エージェントは、皆さんのキャリアアップのお役に立とうと誠実に情報提供をしていますが、ビジネスモデルとしては皆さんが就職を実現して初めて報酬が発生します。

従って、皆さんに海外就職を実現してもらいたいという意欲が強くなることは間違いありません。

例えばインドの転職エージェントでいうと

  • インドの大気汚染は日本で報道されているのと異なり、問題ありません
  • イメージと異なり、現在のインドはとても暮らしやすいです

などと案内されることもあるかも知れません。

しかし「問題ない」「暮らしやすい」というのは主観的なことなので、人によって感じ方は違いますし、実際に生活している人の話をたくさん聞いて、実際に下見をして初めて分かることです。

全てのエージェントの言うことを信用してはいけない、とは言いませんが、エージェントの中には実際よりも良く話す(いわゆる「キラキラトーク」)をする人が一部いるのも事実なので、Twitterなどで利害関係のない人からも情報収集をする(裏取りをする)のがオススメです。

海外就職のスタートは情報収集が要

漠然と「海外で働いてみたいなぁ」と思っていても、思っているだけでは実現できません。

また闇雲に動いても、いざ海外就職を実現してから「こんなはずではなかった」となってしまう場合もあります。

「備えあれば憂いなし」と言いますが、海外就職では事前に念入りな情報収集をすることをオススメします。

スポンサーリンク