今や世界中どこへ行っても中国人が大勢いますが、インドは中国人の入国がかなり厳しく制限されているようで、殆ど中国人を見かけません。ここまで中国人が少ないのは世界でもインドくらいではないでしょうか。

街中には「Chinese」と書かれたお店はよく見かけますが、店主はインド人で、多くの場合インド風にアレンジされた中華料理が提供されます(ビリヤニっぽいスパイシーなチャーハン、マサラ味のする中華スープなど)。

チェンナイで美味しい中華料理の店を探すのは中々大変ですが、この記事ではオススメの中華料理5選をご紹介します。

文福莱(Wing Flying)

チェンナイの中華料理 WingFlying 文福莱正面

記事タイトルに「5選」とは書きましたが、チェンナイで本当に本格的な中華料理を食べたければWingFlying(文福莱)一択です。ここは中国人が経営するチェンナイで唯一の本格中華料理店で、メニューも漢字で書かれており、お酒も飲めます。

日本人にはまだあまり知られていないらしく、いつ行っても客はほぼ中国人だけです。一歩足を踏み入れたら中国へ来たみたいに別世界です。英語名で検索するとGoogleマップでもヒットします。場所はKodambakkam駅の近くです。

チェンナイの中華料理 WingFlying 文福莱テーブル

ホテルを兼ねているので、入ると右手にフロントがあり、そこで人数を告げるとテーブルへ案内されます。元々は純粋なホテルだったようで、2階の部屋を(特に改装せず)レストランとして使っています。従って全て個室で、全ての部屋にトイレと洗面台がついています。

チェンナイの中華料理 WingFlying 文福莱メニュー1

注文を取りに来るのはインド人ですが、メニューには写真がついており番号が振られているので、インド人には番号を伝えればオーダーできます。チャーハン、餃子の他、宫保鸡丁や家乡豆腐脑など、インド風中華には(日本風中華にも)ないが本場の中華料理には欠かせないメニューが一通り揃っています。

値段もそこまで高級ではありません。300ルピーくらいでお腹いっぱいのチャーハンが食べられます。しかし、中華というだけあって1皿の量がとても多いです。1人で行くと1品だけ食べてお腹いっぱいになってしまうので、5〜6人で行って取り分けることをオススメします。

チェンナイの中華料理 WingFlying 文福莱メニュー2

食事の後にフロントで店主に話を聞きました。店主は江蘇省(上海の近く)出身で、一昨年頃にチェンナイへやって来たそうです。中国で食堂を経営しても全く儲からないが、インドに進出すれば稼げるのではないかと考えたそうです。

中国人はアフリカでも中東でも世界中どこにでも住んでいますが、その中国人がインドに全くいないということはインドへの入国規制は非常に厳しく、開業するのはとても大変だったそうです。

チェンナイの中華料理 WingFlying 文福莱 料理1

インドに中国食材店は全く見かけないのでどうしているのかと聞いたところ、やはり調味料系は全て輸入に頼っているそうです。そして、中国から観光や出張などでやって来た中国人に調味料を持って来てもらったりもするそうです。

チェンナイの中華料理 WingFlying 文福莱 料理2

この店のオーナーは様々な中国人とWeChat(中国版のLINE)で繋がっていて、人脈や情報が集まって来るそうです。中国人にとってこの店は本当に貴重で、わざわざ隣のケララ州やカナルタカ州(場所によりますが500km近く離れています)から食べに来る人も珍しくないそうです。

中国語ができる方であれば、レジカウンターでオーナーとお話をすればチェンナイ在住の中国人(台湾人を含む?)コミュニティを紹介してもらうことも可能です。

Hu Tong

ここからご紹介するお店は、文福菜のように中国人が経営している店ではありません。しかしインド人が経営する中華料理店の中では美味しいと個人的に思うので、ご紹介します。

まずはHuTongというAlawarpetにある中華料理店です。「HuTong(胡同)」とは、北京を中心とした中国の北部地域にある伝統的な住宅の建築様式の名称です。

チェンナイの中華料理 胡同 外観

HuTongは、とても閑静な住宅街にあり、パッと見ただけではそれがレストランだとは分かりません。

チェンナイの中華料理 胡同 内観

中に入るとカフェのような内装になっており、足元を魚が泳いでします。XO炒飯や、MOMOという餃子のような点心(チベット料理)を食べられます。

チェンナイの中華料理 胡同 料理

China XO

f:id:kaigai_life:20190224041116j:image

f:id:kaigai_life:20190224041130j:image

リーラパレスホテルの地下にあります。北京ダックを食べられますが、1匹Rs.4,500(約6,750円)と極めて高いです。チェンナイの中華料理店ではお酒の飲めないお店が多いのですが、ここではお酒も飲めます。なお1階(Ground Floor)にはビュッフェがあり、中華のほか寿司やステーキなどを楽しめます。

ChapChey

Chennai Raintree Chap Chai

Alwarpet の Raintree Hotel St.Mary Roadの地下にあります。

ChinaXOほどではありませんが、それなりに高級です。

Chennai Raintree menu

ワンタンなど、さっぱり塩味系の料理が美味しかったですが、1皿の量が多くないのであっという間に値段が行ってしまうかも知れません。

Mainland China

チェンナイ フェニッスクモール Mainland China

Phoenix mallなど、チェンナイに何店舗かあります。海老餃子は本格的で美味しいです。

チェンナイの日本料理店につきましては下記記事をご参照ください。

コメントを残す